1. TOP
  2. 地域から物件を探す
  3. 人吉市・球磨郡

人吉市・球磨郡の不動産物件情報

人吉市・球磨郡の不動産会社

人吉市・球磨郡の不動産会社を検索できます。

不動産会社検索はこちらから

人吉市・球磨郡の紹介

人吉市(ひとよしし)

人吉市は、九州山地に囲まれた人吉盆地に位置し、人吉・球磨地方の中心地です。また、球磨川沿いの温泉と川下りで有名です。
人吉藩相良氏の城下町として栄ました。日本三急流の一つ清流「球磨川」が市の中心を東西に貫流する山紫水明の地です。
生活、文化、産業などのあらゆる面で人吉球磨地方の中心として、また、宮崎県、鹿児島県との県境を越えた交流拠点都市として、その役割がますます高まっています。

球磨郡 錦町(くまぐん にしきまち)

錦町は、熊本県の南端部に位置し、熊本市からは南南東約70kmの場所にあります。
町の北部は人吉盆地の一部に含まれる平坦な地形で、球磨川が東西に流れています。 名産は球磨焼酎、純米焼酎の代表格として広く知られています。

球磨郡 多良木町(くまぐん たらぎまち)

多良木町は、熊本県の南部、球磨郡の東部にあり、中央部は平坦地で、南部と北部は九州山脈の支脈を形成する森林におおわれています。
人口約12,000人を有し、面積の約80%は山林原野であり、水上村北部に源をなす球磨川が水量豊富に八代海に注ぎ、水利の便に恵まれ農林業が発達しています。
土地は肥沃で温暖多湿の気候にも恵まれ良質米の他、果樹等が栽培されるとともに、豊富な森林資源により椎茸等の林産物も数多く産出されています。

多良木町ロゴ

【多良木町】 http://www.town.taragi.lg.jp/

球磨郡 湯前町(くまぐん ゆのまえまち)

湯前町は熊本県の南部、人吉市より24km・球磨盆地の東端に位置し・東は宮崎県児湯郡西米良村と九州山脈で接しています。
西は多良木町大字久米・北は球磨川流域で遮り対岸は水上村に隣接しています。交通は、基幹道路として国道219号線が中心部を東西に走り、国道388号線も中心より北に走っておりこれらの国道を軸として4路線の県道が隣接町村を結んでいます。

湯前町ロゴ

【湯前町】 http://www.yunomae.com/

球磨郡 水上村(くまぐん みずかみむら)

九州中央山地の懐深く抱かれた水上村は、熊本県下第二位の霊峰市房山と日本三大急流球磨川の源に位置します。
澄みきった川では、ヤマメが姿を見せます。春には市房湖畔は1万本の桜で彩られ、秋には緑なす山に映える彼岸花、更に紅葉も村を飾ります。 古くからある湯山温泉は、肌がつるつるする美人湯として評判です。

球磨郡 相良村(くまぐん さがらむら)

相良村は、豊かな自然に恵まれ、古い歴史と伝統が息づく農山村です。標高400mから1,300mの山岳が連なって広大な山林を形成しています。
川辺川が北から南へ貫流し、村の中流域から下流域にかけ平野が拓け、水田や畑が広がる典型的な農業地帯となっています。 また、平成6年度に国の重要文化財に指定された「十島菅原神社」をはじめとする歴史的建造物なども多く残されています。

球磨郡 五木村(くまぐん いつきむら)

五木村は、熊本県南部、球磨郡北部に位置しています。 東は水上村、多良木町、西は八代郡東陽村、坂本村、南は山江村、相良村、北は八代郡泉村の五家荘地帯に隣接した村です。
村全体が九州山地の山岳地帯にあるため、標高1,000m以上の山岳が連なり、深い峡谷が縦横に走る急峻な地形が特徴です。 また、「五木の子守歌」の里としても有名です。

球磨郡 山江村(くまぐん やまえむら)

山江村は、東は郡内の相良村、西は球磨村、南は人吉市、北は五木村および八代市に接し、熊本市から100キロメートルのところにあります。
のどかな田園風景と緑豊かな山々に囲まれた自然溢れる農山村です。水無地区の伏流水や石灰岩地層に特有の鍾乳洞も大小併せてたくさん存在しています。
夏場になると中流域の吐合地区は川泳ぎやキャンプで多くの人々の憩いの場所となっています。

球磨郡 球磨村(くまぐん くまむら)

球磨村は、熊本県の南部に位置し、日本三大急流の「球磨川」が東西に流れ、北に白岩山、南に国見山など700メートル以上の山々がそびえています。
四季の移り変わりが鮮やかな山々の豊かな自然とともに、日本棚田百選の「松谷棚田」「鬼の口棚田」や「球泉洞」をはじめ多くの石灰洞窟があり、球磨村の貴重な文化遺産となっています。

球磨村ロゴ

【球磨村】 http://www.kumamura.com/

球磨郡 あさぎり町(くまぐん あさぎりちょう)

あさぎり町は、熊本県の南部、球磨盆地の中央に位置し、南は宮崎県えびの市と小林市に接しており、 日本三大急流のひとつに数えられている球磨川、国道219号、くま川鉄道が5町村の中央を東西に走っています。
町の北と南側が山地となっており、両側の山地から流れ込む球磨川の支流に沿った形で緩やかな平地を形成しています。

あさぎり町ロゴ

【あさぎり町】 http://www.asagiri-town.net/

ページトップへ