1. TOP
  2. 買うときに知っておきたい不動産基礎知識

こんなときに知っておきたい不動産基礎知識

ハトマークの熊本県宅地建物取引業協会が運営する不動産情報サイト 41−23.com(よいふどうさんどっとこむ)では、
熊本県下約1450社の加盟店から提供された売買物件情報をみなさまに提供しています。
提供された物件情報は、どの加盟店でも取り扱いが可能な物件ばかり。
希望条件にあった物件をみつけたら、 まずは最寄りのハトマークの加盟店にお気軽にお越しください。
情報提供先の加盟店に連絡してくれて共同でお世話していただけます。

買うときに知っておきたい

熊本県下の物件情報が41−23.com(よいふどうさん)で検索できます。

よいふどうさん.com説明図

仲介物件を買う場合の一般的な流れを見ていきましょう。

全体の流れを知っておくと、いつ何をするのかが明確になり、スムーズに行動することができます。

  1. ステップ1希望条件を整理する
  2. ステップ2予算を決める
  3. ステップ3物件を選ぶ
  4. ステップ4依頼する不動産会社を選ぶ
  5. ステップ5不動産会社に仲介を依頼する
    (媒介契約を結ぶ)
  6. ステップ6物件見学
  1. ステップ7資金計画を立てる
  2. ステップ8購入の申し込みをする
  3. ステップ9重要事項の説明を受ける
  4. ステップ10不動産の売買契約を結ぶ
  5. ステップ11住宅ローンを契約する
  6. ステップ12引渡しを受ける
ステップ1希望条件を整理する
住みたい地域、住宅の種類、広さや間取り、 入居したい時期などの希望条件を整理しておきましょう。
ステップ2予算を決める
希望の住まいのおおむねの相場を調べ、預貯金の額や 住宅ローンの借入可能額などを確認して、
予算の目安を立ててみましょう。
ステップ3物件を選ぶ
新聞の広告や折り込みチラシ、住宅情報誌など、 不動産情報の収集方法は色々ありますが、
今の時代物件探しの強い見方はなんといっても「インターネット」。
パソコンや携帯電話から、いつでも好きなときに たくさんの新鮮な情報の中からすばやく検索できます。

→41−23.comサイトで物件情報を探す

熊本県宅地建物取引業協会が運営する不動産情報サイト
41−23.com(よいふどうさんどっとこむ)の物件情報はリアルタイムに更新されており 毎日新鮮な物件情報をみなさまにお届けしております。
熊本県下No.1の物件情報量と加盟店数を誇ります。
ステップ4依頼する不動産会社を選ぶ
不動産購入は、物件を探すことだけではありません。
自分にもっともあった物件を探すためにも、住み替えのご事情やライフスタイルなどを 安心して相談できる不動産会社を見つけることが大切です。
ハトマーク加盟の不動産会社は、 お客様に安心・安全・確実かつ気持ちよく不動産売買のお取引いただけるよう、 全力でサポートしていきます。

→41−23.comサイトで物件情報を探す

ステップ5不動産会社に仲介を依頼する(媒介契約を結ぶ)
不動産会社へ売買の仲介を正式に依頼する場合は、媒介契約を結びます。
この契約には、対象となる物件や、仲介業務のサービス内容、 不動産会社の仲介手数料などが記載されます。
仲介する不動産会社は、購入希望者の条件に合う物件情報を提供し、 その後も、現地案内、売り主との条件交渉、物件説明(重要事項説明)、 契約手続き、引き渡し手続き(現地立ち会い、代金や費用の決済等)など、 不動産取引全体をサポートしてくれます。
また、法律や税金などの専門的な分野についても、 アドバイスを求めることができます。
特に、売り主との契約交渉を、専門的知識を持たない当事者が 直接行うことは難しいものですが、 不動産取引のプロである不動産会社が間に入ることで、 円滑に交渉が進むことが期待できます。
不安な面があれば、不動産会社に相談してみるとよいでしょう。
なお、仲介手数料は、 このような不動産取引全体のサポート業務に対して発生するものです。
ステップ6物件見学
気に入った物件が見つかったら、実際にモデルルームや現地を見学します。
物件の状態や周辺の環境を知ることができる現地見学。
気に入った物件が見つかったら、何度か物件を見に行かれることをおすすめします。
購入したい物件が見つかったら、再度、物件の周辺環境や間取り、 設備、購入条件などを確認します。
物件の見学は、通常不動産会社の担当者がご案内いたします。
物件の詳細内容だけでなく、お客様はご覧になられた物件の感想を ご遠慮なくお伝えください。
担当者が直接お客様のご希望を具体的に感じとることで、 より一層お客様のご希望条件に見合った物件をご紹介できるようになるからです。
ステップ7資金計画を立てる
物件探しと並行して、資金計画を具体化させていきましょう。
物件の購入資金以外に必要となる諸経費や、住宅ローンの金利、 毎月の返済額などについても試算しておきます。
まず今の家計の収支を見直し、住宅購入によって減少する支出や積立の金額など、 ローン返済に回せる毎月の家計の余剰額を洗い出します。
次に、そこから住宅購入によって増加すると予想される支出を差し引いて、 毎月返済できる金額を試算します。ただし、この金額を上限金額と考え、 少し余裕を持った返済計画にした方が安全でしょう。
ステップ8購入の申し込みをする
これだ!という物件に出会えたら、売主様に対し、「購入したい」という意思表示を書面 (不動産購入申込書)で行います。これを受けて、 具体的な条件の交渉に入りますので、 物件価格や引渡しの時期など、買主様の購入希望条件を担当者に伝えます。
売主様・買主様双方にご納得いただいて、気持ちよく契約にのぞんでいただけるよう、 購入価格だけではなく、 引渡しなどの諸条件もしっかりと確認しておきます。
ステップ9重要事項の説明を受ける
不動産会社の宅地建物取引主任者から、購入物件に関する重要事項の説明を受けます。
宅地建物取引業者は売買契約に先立ち、 買主に対して購入物件の不動産の重要な事項について 書面を交付し説明するよう法律で義務づけられています。
この書面を「重要事項説明書」といい、 その説明は宅地建物取引主任者が行なわなければなりません。
「重要事項」には、登記簿記載の事項、都市計画法・建築基準法等の法令上制限、 代金授受の方法、契約解除に関する事項などがあります。
「重要事項説明書」に記載された内容は、用語含め難しいことが多い思われますので、 判らない点は必ず宅地建物取引主任者にご確認ください。
ステップ10不動産の売買契約を結ぶ
「不動産売買契約書」を用いて契約を締結します。
「不動産売買契約書」には、条件交渉で合意に達した事項を盛り込み、 作成します。
売主・買主が契約内容を確認後、双方ご署名ご捺印すれば、無事契約成立です。
一般的には契約成立時に、物件価格の10〜20%程度の手付金(契約金)が 買主から売主に支払れるのが通常です。
不動産売買契約の締結後は、契約書の記載内容に基づいて、 双方の権利や義務を履行することになります。 義務に違反すると違約金の支払いが 必要になる場合もありますので、不明な点は必ず担当者にご確認ください。
ステップ11住宅ローンを契約する
売買契約を結んだら、住宅ローンの正式な契約を結びます
住宅ローンにはさまざまな種類があります。
住宅金融支援機構のフラット35 (民間金融機関と住宅金融支援機構が提携した長期固定型住宅ローン)
財形住宅融資(財形貯蓄をしている方を対象とした住宅ローン)
民間金融機関(銀行、信用金庫、生命保険会社、住宅金融専門会社、信販会社など)の住宅ローンなど。
住宅ローンの申し込みから1〜3週間程度で、 金融機関より融資の審査結果の連絡があります。
融資承認が得られましたら、金融機関との間で金銭消費貸借契約兼抵当権設定契約 (住宅ローンお借り入れのご契約)を結び、 詳細な借り入れ条件を決定します。
ステップ12引渡しを受ける
引き渡しの準備が整ったら、残代金を支払います。
それと同時に、売主から物件の引き渡しを受けて、所有権移転の登記手続きを行います。
また固定資産税・管理費などの負担金の精算もします。
引渡し前日までは売主の負担、当日からは買主の負担として、 日割り精算を行うのが一般的です。
最後に、仲介手数料、司法書士への報酬など、諸費用の支払をします。
その後、引っ越しをして入居となります。

ページトップへ